離婚や相続は弁護士に相談する|財産分与も適切に

相手の情報を確認する

交通事故

交通事故が起こった場合、先述した相手の個人情報に加えて、ナンバープレートや、加害者が加入している保険会社についても聞きます。事故を起こしてしまって、すぐに確認がとれなかった時には、病院に行って治療をしてる時にでも確認しましょう。そして、相手が加入している保険会社が、どの自賠責保険なのか、任意保険なのか、きちんと確認を行います。保険の種類によって受けられる保険内容は変わってきますから大切な事です。事故の被害者であった場合も、相手に自分の名前や連絡先を伝える必要があります。これは、今後示談交渉や弁護士をよんで裁判を行う際に、必要だからです。人身事故であった場合は、救急車をよぶことも場合によっては考えられます。救急車に乗り、病院へ行った場合、治療費の精算を現金で行った場合は、その時の診察報告書をもらい、保管しておきましょう。
後日の請求や弁護士をよんで裁判を行った場合、必要になってきます。交通事故を起こしたのが、お店や私有地内であった際は、そこの土地の管理者に連絡を行います。交通事故の加害者には、3つの責任が生じてきます。その責任について、詳しく説明していきます。交通事故を起こした運転者が受ける行政上の処分となります。これは、点数制を取っており、道路交通法違反として、点数の加算がなされます。もしこの点数が、法律が定めてある特定の基準に到達してしまった場合には、罰則があります。免許の停止や取消処分が行われることになります。